書籍・雑誌

2014年11月17日 (月)

ハマりもの

11月に入り、寒くなってきました。
今、うちでは、、、こんなものにハマっています。



「日本一簡単に家でパンが焼ける本」のパンです。
常温発酵なので時間はかかるのですか、難しいところや面倒なところが少なくて、とても作りやすいのです!

今までに、、、、










いろいろ作りました。パン一つの大きさも小さいので好きな分だけ、ちぎって食べればいいのもgood!

ごんたろうも手伝ってくれます。


意外と好きかも⁈

ごんたろうは、今になってブーム再燃?!
レゴのクリエーターシリーズに夢中です。

もともとは、ゲームの「マインクラフト」が発端なのですが。




これがリアルになるとまさにレゴ、というわけです。




最近のレゴは、開いたり動いたり、、、すごいですねー。



さらに、

電球をセットして、夜を演出








ま、ゲームだけに没頭されるよりはレゴの方が随分マシですね!



少し早いですが、今年もツリーをだしました。




寒いのはイヤだけど、イルミネーションが灯りはじめると町が華やかな感じになりますね。

体調に気をつけて、寒さを乗り切ろう!!



2012年5月22日 (火)

ブッダの続き…

例の本、ブッダの本『ブッダがせんせい』ですが。

本人も少しは思うところがあるようです…がまだまだ、行動が伴うところまではいってません。

ただ、読みやすく大人もグサリと心に刺さる言葉もあったり。
1337670098957.jpg
1337670100239.jpg
1337670102422.jpg

子供にわかりやすい言葉で書いている横には、さらにわかりやすく、例をあげて説明されています。
さらに保護者向けに、原文と説明書もあります。

ちなみにごんたろうのお気に入りは、こちら。

1337670103245.jpg

なんだか、自分に都合のい〜ように解釈してるような…。

もし、気になった方は一度図書館などで借りてみてください。

1337670103956.jpg


2012年5月19日 (土)

ブッダ

ごんたろう用に マンガや雑誌ではない本を久しぶりに買いました。

『ブッダがせんせい』と言う本です。 ま、カトリック系の幼稚園に通わせておいて、どうかな…とも思いましたが、正直 神様でも仏様でもそこは重要ではなく、正しいことをキチンとした言葉で伝える本が見せたかったのです。

なんだか最近のごんたろうは、生活がだらけてるんです!

これじゃ〜いくらテストの点が良かったとしても、親として100%認めるわけにはいかない!

でも、私が小言のように毎日細かく言っても、右から左…。 時々カミナリを落として、その時は反省の言葉を口にするけれどもその時だけ。

自分のやりたいこと、したいことが優先で、学校のことや、約束事が疎かになってるのです。 実際に自分が困るといいわ・・と知らん顔していても、ギリギリにはなんとかなると思ってるみたいだし。

ただし、寝る時間が遅くなったりするので、こっちはさらにイライラ…。 と言うことが続いていたのです。

今日からこの本を寝る前に。

1337401526244.jpg

 

1337401528313.jpg

1337401529950.jpg

他にもいろいろありますが、ごんたろうだけでなく、私もしっかり心に留めながら読み進めたいと思います。

1337401531987.jpg

2010年2月 1日 (月)

今日月曜はあいにくの雨

しかも朝になって、幼稚園の名札が見つからずバタバタ・・・(結局いつもの場所にあったのですが)、少し遅れ気味で家を出て、イライラしながらいつもの渋滞にハマリまたイライラ・・

そうしたら。

渋滞で車が止まっているときにごんたろうが

「雨はいのちの雨、なんだよね~」と。 

なかなかいいこと言うじゃん、ごんたろう。

少し落ち着いた気持ちで、車に降って来る雨粒を見ることが出来ました。

で、今日は本の話。

幼稚園の近くに、「お宝発見」がありまして。岡山に居る時も時々お世話になったけど。

ここで、時々中古の本を買います。

だいたい図書館で借りる『かいけつゾロリ』、でも中古の本屋さんで、きれいでしかもまだ読んでない号だったら「買い」です。

こちらゾロリの本 ¥200なり!安っ!!(岡山では¥400だった)

そして、ずーっと本屋(新書を売ってる方)で悩んでいたのが・・・・

『大どろぼうホッツェンプロッツ』シリーズ。

基本的にシリーズものが好きな私。

「スモール」さんにしても、「エルマー」にしても、「ブルンミとアンニパンニ」にしても・・・

ホッツェンプロッツも3部作。

新書で買うと¥900、そんなめちゃ高いわけでもないけどごんたろうが実際気に入るかどうかわからない本で、¥2700(3部合わせて)出すのは・・・。

どうにか、中古でないかなぁ~と思っていて岡山に居る頃から、ずーっと探してたのです。

Nec_0170で、めっけたーぁ!ついに!!

お宝発見、まさに!しかも¥100だし。

ウホウホです。

これで、ごんたろうが気に入れば、新書で2・3部を買ってもいいし、中古で探すもまた楽し、デス。

で、寝る前の読み聞かせで読んでみたら、すっかりごんたろうも気に入った様子。

「続きが早く知りてぇ~!」と言いながら、「オヤスミ」を言って5秒以内に彼は白目をむいてあちらの世界に旅立ちます

で、今うちにあるたくさんの絵本たち。

これは、ヨガ教室の先生によそで行ってるヨガの生徒さんの託児を月に2回してくれませんか、と声を掛けられて喜んで「OK!」の返事をしたので、その時に持って行ってます。

だいたい未就園児(1~3歳くらい)のお子ちゃま達なので、とても癒されます。

子供の笑い声って、たまらんね~

それから こちらはお奨め。

Nec_0172_2Nec_0171_2  少し前ですが新潟の友達が、ステキな本を送ってきてくれました。

「おてて絵本」:サトシン ¥1260 小学館 

こちらは、自分の手(子供の手)を絵本に見立てて、自分で お話を創造する、というもの。

手 以外になにもいりません。いつでもどこでもできます。

肝心なのポイントは5つ、手を絵本に見立てること、大人がまずお話を聞かせてあげること、話決め手伝ってあげること、合いの手をいれてあげること、全て肯定しながら聞くこと だそうです。

このことで、表現する力や話す力、想像・想像力、思いやりの気持ち、親子のコミュニケーション・・・・メリットがたくさん、なのです。

小さいうちの方がやりやすいかとは思いますが、うちのごんたろうは、5歳(もうすぐ6歳)だけど、まだまだ全然いけちゃいます。もちろん男の子でも。

病院などの待ち時間、電車やバスの(めったに乗ることないけど)待ち時間、ちょっとした時間に作り話をしてもらうのです。

ごんたろうくらいになると、「う○ち」「しっ○」なんて、下品な内容も出てきますが、ここではあえて否定せず、一緒にゲラゲラ笑ってやります。

そしたらまたまた調子に乗ってどんどん話が続くし、まったく大人の予想とは違う方向に進んだり・・・思わず悲しい話になってきて、私が「そりゃ大変、きっとママだったら泣くわ~」なんて言うと、「・・・と、いうことにはならずにぃ~」とか強引に話を修正してみたり

子供って面白いな~、とつくづく思います。

図書館などで見かけたら、ぜひ一読してもらって少しのコツを伝授してもらい、みなさんに実践して見てほしいなぁと思います。

Nec_0173

もう1冊、送ってもらった本をご紹介。

子育ていきいきアドバイスブック 岩井俊憲 志道不二子 ¥1470、(海竜社)

こちらの本も内容はとても濃いのですが、全部は書けないので目次から抜粋して。

自分の子育てはどいうタイプか(君主型・奴隷型・パートナー型)。

子供のサインを見極める(子供の困った行動)

男の子。女の子、きょうだいの順位などでの違い。

子供のやる気を引き出す聴き方・伝え方(聴き上手・伝え上手になる)

子供がすくすく伸びる叱り方・ほめ方(叱り方・褒め方のコツ、「受容」が大切)

子供と一緒に親も成長(イキイキ子育てする7か条)

などが書かれてあります。

以前、この本を贈ってくれた友達から聞いたことでとても心に残っていたことがありました。

それは、『「親の課題」と「子供の課題」に整理して、「子供の課題」には、なるべく親は口出ししない、それが明確になるといろんなことが好転するよ~』

みたいなこと。(だったよね?)

具体的には(本書から抜粋)

朝起きずに遅刻、学校への提出物などを忘れる、宿題をしない、勉強をしない 等。

これらは子供自身の課題。

これを子供がHELPの信号を送るより先に親が手を出してしまうのは、子供が自ら体験しなければないらないことを親が妨げているのです。

親に必要なのは、

「こどもへの信頼」

「親自身の忍耐」

「こどもとの協力的な関係」

まさにこの3つ。

あぁ、親自身の忍耐・・・かなり欠けているぅ

本って、一度読んだだけじゃすぐ忘れちゃうし、実行に移すのって難しい!

ごんたろうが2歳すぎたくらいから幼稚園に上がる前くらいには、いわゆる「育児書」の類を読みあさってたけど、最近は自分の趣味の本ばかり。

少し反省する部分を感じてるので、もう一度この本を読んで親子共々気持ちよく笑って過ごせるように・・・(なかなか実際にはイライラしちゃってそうはいかないけど)

まだまだこれからの子育て楽しんじゃいまぁ~す 

2009年7月10日 (金)

皆既日食

今月の22日、46年ぶりに皆既日食が見れるんですね~。(岡山では部分日食80%)

周辺が薄が暗くなったり、気温が下がったり、動植物に変化が見られたり・・・と一生のうちにめったに体験できないような(?)自然現象を実感することができるようです。

で、その太陽を観察するにはやっぱ太陽メガネが必要。

なわけで探したら、意外と売り切れでして

「啓文社」さんで取り寄せてもらいました(うちのお得意さんフタバ図書では取り扱い無し)。

ロフトとかに行けば、関連グッズもありそうだったのだけど・・・めんどくさかったので

Dsc00003_1Dsc00006_1  2009年7月22日 日食観測ガイド

直視用メガネ付きです。

内容もいろいろと太陽のことや、これからも日食予定なども詳しく載っていました。

で、早速、曇りの合い間に出てくる太陽を見てます。

おもしろーっ!!!!私のほうがハマりそうです。

夜の満月を見てるみたい、ってゆーか、ほんとに太陽しか見えないね~

これで、22日11時ごろ(食始開始9時44分頃、最大11時2分頃 食終12時22分頃)にじっくり観察したいと思います。

とは言っても、メガネをごんたろうと取り合うことになるんだろうなぁ・・・ アハハ

2009年5月10日 (日)

いろいろ~

岡山に戻ってから、バタバタしっぱなし

なかなかいろんなことがUPできましぇ~ん。

で、とりあえずまとめて。

まずは・・・。

福岡でおばあちゃん(義母さん)に買っていただきました。

小学館ことばのえじてん Book 小学館ことばのえじてん

著者:篠崎 晃一
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これ、ずーっと狙ってたんです、実は・・

ごんたろう、本当に「何?何?王子」なんです。

「これなに?」「あれなに?」「なんでこーなの?」「なんであーなの?」「なんで?なんで?・・・」

もう本当に・・・・正直、弱ります。

もちろん、いちいち答えますよ。なるべく正確に(たぶん)。

小児科などに行ったときでも、診察してもらいながら、「あれなに?」「これなに?」攻撃。

先生も「またおまえか?!」って感じですが、看護婦さんからは、

「子供は好奇心のかたまりだから、面倒がらずにきちんと答えてあげてね!」

って言われてます。

と言うわけで、私に聞くのもいんだけど、ひらがな・カタカナも読めるようになったことだし、ここはひとつ自分でも調べるクセをつけてもらおうと、思いまして。

Dsc09703_1で、狙ってたのですがまーまーのお値段で、少し躊躇してました

パパが「なんかの機会におれが買うわ」って言ってくれてたのですが、義母さんが「何か買ってあげようね」って言ってくれて、「おもちゃじゃないものを」ってことで、これに決定!!

Dsc09704_1  ごんたろうも な~んかよく分かってなかったかも?だけど、「これがいー!」と賛同。

よしよし

中身は、各ことばにイラストがついて、意味と例文が載っています。

Dsc09709_1そして、反対言葉やくわしい説明文、なかまのことばなどが載っています。なかまの言葉というのは、大きいくくりで「しょっき」という項目で「ちゃわん」「はし」「おわん」・・・など。

今はごんたろうに「『したく』ってな~に?」って聞かれると「『えじてん』で調べてみて」って調べさせてます。

ちなみに・・・なにかをする前にいるものをそろえること【例文:ようちえんにいくしたくをする】ということです。

あ、そうそう。

今日は「母の日」でしたね~。

Dsc09701_1自分の母(おばあちゃん)には、何もしてませんが ごんたろうからは、幼稚園で書いた絵をもらいました。

ちなみに園で練習してきたセリフ付きです

Dsc09702_1 「お、おかあさん、いつもありがと」 (棒読みだけど) 

・・・しかもいつもは『ママ』じゃないかい? ま、いっか・・

2009年4月28日 (火)

誕生会

今日は、9時過ぎに幼稚園バスへ送り出したあと、9時40分から4月生まれさんの誕生会があるので大急ぎで幼稚園へ行きました。

お誕生会は、まずはホールで全園児と4月生まれの子供の保護者で。

子供の「自己紹介(組と名前)」

全園児からの「おめでとうございます!」

本人から「ありがとうございます!」

そして、先生方の劇(結構、笑えます)。

Dsc09585_1各学年で記念写真。

そして、各クラスに分かれておやつ(月によっていろいろ、今月はイチゴのショートケーキでした)を頂きます。

そして、うちのクラスでは、その子の名前の由来、どんなあかちゃんだったか。

それからクラスのお友達からの質問。

いろいろ子供達が張り切って、おもしろい質問をしてくれました。

①「何の飲み物が好きですか?(ごんたろうが)」

②「何の車にのっていますか?何色ですか?(お母さんが)」

③「好きな食べ物はなんですか?(ごんたろうとお母さん)」

④「どんな電車ににのりますか?」

などなど・・・。

ちなみに上記の答えは

①「お茶」

②「ごんたろう:たこ焼き 、お母さん:ホットケーキ」

③「トヨタの ●●●です、 色はシルバーです」(なんでこんなのに興味が?)

④「えーっと・・・ ごんたろう:青色の電車が好きです!(?)」

と、こんな感じでした。

好きな食べ物は・・・実際にはもっと他にもいろいろあったけど、子供に分かりやすく「ホットケーキ」なんて言ってみたけどどうだったろう?

それに、質問に答える度にいろんな子供が「私も~っ!」「ボクもーっ!!」

どの子も「ごんたろうくんのお母さん!」「ごんたろうくん!!」

と意味なく連呼!!!!!!!!

私もなんとな~くだけど、担任の先生と一緒に子供の相手ができて、とても楽しい時間でした。

Dsc09583_1そうそう、フタバ図書の2階(中古)でこの本を買いました。

エルマーの冒険(3冊セット)

エルマーって60年前からなんですよね~(創刊60周年)。昨年の年末に60周年記念すごろくを買おうか、どうしようか・・・と悩んで「すごろくワールド」を買ったのだけど。

エルマーのぼうけん 3冊セット エルマーのぼうけん 3冊セット

著者:ルース・スタイルス・ガネット
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その時、本も悩んでたのですが、そっちも3冊定価だと4千円弱するので、二の足を踏んでしまってました・・・。というか、中古で出ないかなぁ~と淡い期待を

そしたら、あったよ、出てきたよ!と言うことですかず購入、本はきれいで定価の半額でした ラッキー!

私も小さい頃読んだけど、思わず懐かしくって ・・・もう少し大きくなったら「おしいれのぼうけん」とか「スプーンおばさん」とか「ずっこけ3人組」シリーズなんかも読んであげたいな~。

ちなみに、うちにあるグリグラシリーズ、だるまちゃんシリーズなどは、全部中古で~す。

2009年1月31日 (土)

キレない心

・・の育て方 

という見出しの、私の愛読紙のひとつ、『日経kids+(プラス) 12月号』。

興味のあるタイトルは自分で買い、そうでもない時は図書館で定期予約しているので借りて読んでいます。

今回は当り前のようなことが書いてあったけど、改めて活字にされると「なるほどぉ~」「そっか~」 と思ってしまうことが。

キレ、にも 良いキレと 悪いキレというのがあるようで

良いキレ=精神の発達上必要なキレのこと。

2・3歳のころの自我の芽生えとともに現れるこの状態は、発達上の自然な流れでムキになる必要もない。

いわゆる ”キレて当たり前”の時期、となるのだそう。いやぁそうだね、その通りだね

次に出やすいのが7歳、10歳、14歳。

7歳頃ではアニメなどに影響されやすく、汚い言葉だけ(深い意味を考えず)を使いたがる時期なのだそう。

10歳頃では、関係性を切ってしまうようなキレには注意が必要とのこと。周りと自分を比べて自我を作り始める時期なので、「いろんな人がいて、いろんな考えがある」という意識が育っていないと、自分の意見が通らないことに苛立って、友達との関係を切ってしまったりいじめに進んだりしやすい、のだそう。

友達に怒ったり(喧嘩)するのは、全然かまわない、問題なのは、そのあとの修復ががきちんとできるかどうか、ということ。

14歳頃では、子供である自分とそろそろお別れの時期。でもまだ親に甘えたい、でも親を超えたいという葛藤などで精神的に不安定になりイライラして怒りが出やすくなる、とのことが書かれていました。

なるほどね~

処方箋として書かれていたのが

幼児期に思い切り感情を高ぶらせる体験をさせる(子供に自分で感情を静める体験をさせる)

「ママ嫌い」などのマイナス発信にもいきなり叱らず応える(腹が立っても大人が冷静な反応をみせることが子供の情緒の安定につながる)

感情を言葉で表す練習をする(「怖かったね」「いやだったね」など気持ちをくみ取る言葉かけ)

人の気持ちを想像させる(相手はこんな気持ちになったかも~と伝える)

発想の切り替え(特定のものに固執した時にも「あれはどう?」など、繰り返すうち本人も「これがダメならあれをしよう」と発想が芽生える)

これは、あくまで抜粋なので、省略・言葉足らずがありますが、こんなことが書かれてありました。

あとは、子育てハッピーアドバイスなどでよく出てくる『自己肯定感』のある子はキレないとか。

まだおもしろい記事が載っていたのですが長くなりそうなので、次回へ

2008年12月17日 (水)

すごろく

お正月はこれで決まりだね!

・・・というか、すでに飽きてしまいそう

わくわくすごろくワールド わくわくすごろくワールド

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

もともと、「人生ゲーム」とか「すごろく」とか好きなんだけど(子供はみんな・・かな?)

これ、内容盛りだくさんですごくいーです。

Dsc08686_1Dsc08687_1 13種類

(宇宙、ありんこ、カエル、サーキット、プリンセス、デパート、日本一周・・・)のすごろくと、ふろくの大判すごろく(表裏で2種類) 

Dsc08688_1Dsc08690_1 一応対象年齢は「5歳~」ですが、さいころの目が読めれば、十分できます。

子供は何度でも同じものをやれるけど、相手をする大人はすっかり飽きちゃうし・・・。

そーゆーとき、これは非常に便利。飽きない!(すごろく自体には飽きるけどネ)

それに、ちゃっちゃと終わらせたいときは、すごろく2個使って楽しく足し算も勉強(?)しながら、どんどん進んで終わらせちゃう

という荒業もアリ!

Dsc08693_1Dsc08691_1 ま、本当は・・・

日本地図のすごろくをさがしたのだけど、どーもいまいちで。

エルマーのぼうけんすごろく Book エルマーのぼうけんすごろく

著者:ルース・スタイルス・ガネット
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

エルマーの冒険すごろく、(←60周年記念号)にしようかとかな~り心が傾いたのだけど、レジに行く寸前に「すごろくワールド」を発見し、急きょ変更したというわけです。

かなりデフォルメされてるけど日本地図・世界地図が載ってるところがやっぱ魅力

楽しく遊んで、県名・国名を覚えちゃおー!作戦です

小さい子供は覚えるのも早いけど、忘れるのも早いし、どんどん名前をアレンジ(?)して自分で勝手に作ったような名前の県を言ったりするしネ(ごんたろうだけ?)。

お正月は、デジタルなしでアナログで遊びたいと思います

2008年12月 3日 (水)

POOH

そろそろ・・・図案と写真のチョイス、やらなきゃなぁ~。

というわけで、ごんたちゃんの居ぬ間に年賀状を済ませるべく、今年も買ってきました。

パソコンdeはやわざ年賀状2009(CDROM付) (インプレスムック) (インプレスムック) Book パソコンdeはやわざ年賀状2009(CDROM付) (インプレスムック) (インプレスムック)

著者:インプレス年賀状編集部
販売元:インプレスジャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

¥530と超リーズナブル、当然CD付きでデジカメ写真を取り込んで印刷できます。

今年もこれにお世話になりまーす

そして今年の年賀状は・・・・

Dsc08643_1Dsc08645_1プーさんです

かわいいね~

より以前の記事一覧