« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

クリスマス

お正月の準備を早々にしてしまいましたが、ごんたろうが待ち焦がれているのは、そう!クリスマス。

先日、福岡から来ていたおばあちゃんにも早めのプレゼントをいただいていたので、もう欲しいものはないんじゃ、、、?(ちなみに『スーパーマリオ3Dワールド』)
とりあえず、サンタさんの存在は…「信じていない子のところには、当然来ないよねー」と言ってあるので「あー、いますいます、ハイハイ」と言った感じ。(もー、全然信じてないじやーん!)

で、今年のプレゼントは、、、




ほとんどがポケモンのぬいぐるみ、分っ厚いポケモンガイドブック。

大丈夫かな?彼は。。。

私的には、例えば望遠鏡とか、(おもちゃの)顕微鏡とか、科学実験セットとか、、、普段、興味はあるけど高価だからこちらも踏ん切りがつかないような…。
もう少し為になるものを選んでほしーけど、なかなかそうはいかないですね。

クリスマスケーキも焼きました、が。
今年は、生クリームの出来が、、、いつもは緩くて形にならないからと、今回はちょっと砂糖も多めにしっかり混ぜてみたら固くなり過ぎてしまいました。。
なかなか上手くいきませんねー。
上に乗せるフルーツは、ごんたろうがチョイス。
ミカン⁈、、、と思ったのですが、、、。


ま、味はgoooo!だったので、良しとします。
そうそう、飾りはごんたろうの手書きルイージをチョコペンで。



ちょっと難しかったですねー。

楽しいクリスマスでしたheart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマス前に…

週末、町のイベントに出かけて『門松』を作りました。
大分でも小学校の母親学級で作りましたが、こちらはもっと本格的でした。


始めての参加だったので、どのくらいの人が来るのか、どんな門松が作れるのか、、、わからないままだったのですが、行ってみたらたくさんの人が参加してました。

竹を切ってもらい、竹を合わせて縄で結わえてもらい(ここまで全て地元のおじさんの作業です)あとは、松と梅を選んで持ち帰り、自宅に飾るだけ。

で、うちの場合は埋めないので、パパに周りをコモで囲ってもらい完成したのがこちら!

立派なのが出来上がりましたshine


もちろん、玄関を開けるとクリスマスツリーがドーンと飾ってあって、ちぐはぐな感じもしますが、、、sweat01

これで、ステキなお正月が迎えられるかな〜。
その前にクリスマスだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島あちこち

前回、大きな牡蠣のことを書きましたが、今回は初めて「牡蠣小屋」に行って、焼き牡蠣をいただきました。

というのも、福岡から義母さんが来られています。
なので、みんなで初体験!



炭火で焼くのですが、時々牡蠣鉄砲の攻撃(パーン!と大きくハジキます)にあいながらも、湯気が出るのを待ちます。
そして、口が開いたらそろそろ食べごろ。

私は、ホタテをいただきました(ごんたろうに奪われましたが)


アツアツでとても美味しかったです!!

おうちで、炭火をおこしたり、殻付きを焼くのは大変だけど、お店で頂くとゴミもでないしい〜ですね!

もう一つ、しまなみ海道に行ってきました。
しまなみ海道は、広島から橋で島をいくつも渡って愛媛県まで行ける道です。

今回は、因島(いんのしま)まで行き、シトラスパークと耕三寺に行きました。
シトラスパークでは、みかん狩りをして甘いみかんを採って帰りました。




そして耕三寺は、、、


派手ですよね〜。
私も中に入るのは始めてです。

驚いたのが、地獄から極楽を現した洞窟かあり、ごんたろうはかなりビビってました。以前から「地獄」という本で泣きがはいったくらいですから、、、。
改めて、「良い行いをしますから、どうか地獄にいきませんように、、、(合掌)」とてを合わせてました。


義母さんもあちこち連れ回して疲れてしまっただろうけど、楽しんでくれたかなあ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

わー!師走!!

あっという間に今年最後の月に。。。
1年がほんとっ早いなぁ〜。


最近は、というと。

本場、広島の牡蠣を買いに行きました。



広島の牡蠣は、「牡蠣小町」というブランド牡蠣でとても大きいのです。
でも、、、実は私は貝類はあまり好んで食べない、、、というか正直苦手coldsweats01sweat02。だけど、私以外の家族はみんな大好き!なので、新鮮な牡蠣を買って牡蠣フライや蒸し牡蠣などでいただいてます。



学校もあと2週間ほど。寒いけど半ズボン(制服)で頑張ろー!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »