« 夏の成長 | トップページ | 2学期 »

2008年9月 1日 (月)

最後の日

ふぅぅ、やっと始まりました2学期。

女の子のママさんで、幼稚園通い始めとか学期初めに「寂しい~!」って言われる方もいますが、私はやっぱり 「はー、やれやれ・・・」です。

で、夏休み最後の週末のお出かけは・・・。

Dsc07934_1Dsc07950_1_2浅口にある「岡山天文博物館」に行ってきました。 (地図・詳細こちら)

鴨方の山をどんどん登って行くと見晴らしの良い山頂にあります。

Dsc07937_1Dsc07939_1ココは、プラネタリウムだけでなく、他に太陽観測室、そして実際の国立天文観測所ということもあり国内最大級の(口径188cm)反射望遠鏡などが見学できます。

ごんたろうには、少々天体観測って難しかったかもしれませんが、そこそこ楽しめた様子。一番喜んだのはパパ?!

丁度、この日は晴れていたので太陽観測室で太陽を自分 の目で見ることができました。スタッフの方がセットしてくれた位置の望遠鏡を覗くと・・・真っ赤に見える球体の端、そして、よーく見るとプロミネンス!あの炎みたいなやつです。黒点はここ半年くらい観測できていないないそうです。

なんか、感動.。

映像とか写真でなく自分の目でリアルに見たってことに!!

ごんたろうも2回のぞかせてもらったけど・・・・「ウン、みえた」で終わりでした。分かってるかな~、なかなか貴重な体験してるんだけどぉ~

Dsc_0006_1 そして、もうひとつおもしろいのが  4次元シアター。立体メガネをかけて宇宙をいろんな角度から見ることができます。

ってゆーかね、もう米粒、いや粉だね、何が?地球が、とかじゃなくて、太陽系が、とかじゃなくて、銀河系が。

もうどんくらいの規模か・・・・言いあらわせません、笑えるくらい。

なんか、パパとも話したけどゼッタイ宇宙人いるよね、って もちろん今まで信じてたわけじゃないかったけど、こんだけ広ければ、どっかに生命体があってもおかしくないと感じずにはいられません。

しかも、ここで見れるのは、今人類が解明している(見ることができる)範囲だけで、きっとその果ての果ても、とりあえず100億光年なんて範囲想像できないし・・・あぁ~なんて人間って小さいんだろ、その点にも満たない地球に住んでる私の悩み(あんまりないけど)なんて、あ~ちっぽけ!!って感じです

もちろんその小さな人間も皆一所懸命生きているのですが、あまりの規模のデカさに・・・・ です。

プラネタリウムも楽しかったです。最初薄暗くなって、いろんな星が映し出されて「へぇ~」と思いながら見てたけど、さらに真っ暗になって「わぁぁぁ」って感じです。・・・ 抽象的な説明でスミマセン

9月中頃までは、子供用に(?)アニメをとりいれたお話も組まれていて、ごんたろうも飽きずに最後まで見ることができました(所要時間40分)。

結構小学生くらいの男子はどこでも喜んでました。私が小学生・中学生の頃は・・・星(天体)には、まったく興味もなくてなんだか残念な気持ちです。

パパは密かに望遠鏡を狙っているかも?「今度は自分で月がみてみたいなぁ~」なんて言ってるし

Dsc07961_1  ここの帰りにかもがた町屋公園に寄って帰りました。

木々の多い手入れのされている公園なので休憩には最適。

Dsc07967_1ごんたろうとぐるっと公園散策して鴨神社にお参りして帰りました。

なんだかそんなに期待してなかったけど、期待以上に楽しめた天文博物館でした(大人が・・・かな?)。

さてさて、2学期、明日からお弁当も始まるし、宇宙の小さいな一員として(?)私も気合入れてがんばろー!

« 夏の成長 | トップページ | 2学期 »

遊び場の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の日:

« 夏の成長 | トップページ | 2学期 »